慰謝料などの離婚相談

日本の民法では、離婚をする際の重大な過失がある場合に、慰謝料を請求することができることになっています。例えば、配偶者に不貞行為があったりすると、慰謝料を支払うことになる場合がほとんどなのです。

通常、不貞行為による離婚では相手の収入にもよるのですが、平均的には200万円とも300万円ともいわれるくらいの高額の費用になるのです。

そういった離婚相談というのは、弁護士や公的な機関の相談窓口などで予約などをして行っていくことになるでしょう。こういった件では、お金である程度解決して行く形になるものなのです。

夫婦で解決しない場合は離婚相談を受けよう

離婚は辛い選択です。 しかし、長い人生無理に一緒にいる必要はないので、離婚を選んだ方が幸せになれることもあります。 夫婦で解決させるものですが、話し合いにならないこともあります。 その場合は、弁護士に離婚相談してみるといいでしょう。

弁護士はプロですので、知識も豊富で離婚相談をスムーズに進めてくれます。 第三者が間に入った方がいい場合もありますので、相談したい場合は一度問い合わせてみるといいでしょう。 離婚は簡単なものではありませんので、きちんと解決する必要があります。 お互いに納得のいく解決方法を見つけましょう。

浮気での離婚に関する記事