姑が原因の離婚相談について

姑が原因である離婚相談は少なくありません。しかしその中には姑が直接の原因ではなく、世代間または夫婦双方の家族観や価値観の違いによるものが原因であることも多く見られます。

また浮気やギャンブル、借金などが原因の離婚とは違い、離婚に至るための明確な証拠がない場合が多いので、解決まで長い時間がかかることがあります。

この問題は離婚相談の中でも双方が特に感情的になりやすい問題です。夫婦の意見が噛み合わないようならば、家族以外の第三者や法律の専門家を間に入れて冷静に分析してもらうのが問題解決への近道といえるでしょう。

離婚相談のスペシャリスト、離婚カウンセラーについて

離婚カウンセラーは家族関係や夫婦間の問題に対して、心のケアをするのと同時に的確なアドバイスを行い、相談者にとって最善な解決策を導き出すことを主な仕事としています。

つまり心のケアを専門とする心理カウンセラーと家族間トラブルや離婚相談に精通した公共の相談所の職員や弁護士の役目を足し合わせた仕事であるということができます。 この仕事に求められるスキルは単に離婚相談に応じるためのコミュニケーション能力だけではなく、離婚に関する法律等の基礎知識や感情的になっている相談者の言っていることを整理し分析する能力、これまでの自らの人生経験など様々です。

この仕事に適性のある人としては人の役に立ちたいと考えている人や、人の相談事を聞くことが好きという人などが挙げられます。

同居しながら離婚相談

相手と一緒に生活していると、離婚相談をしにくく感じられる事もあるみたいです。やはり離婚相談はできるだけ相手に知られない様に行いたいという人もいる様です。特に相手に行動を把握されている場合には、離婚相談はより一層難しく感じられる事もあるでしょう。

それとは反対に同居していても、相手が仕事などで在宅の時間が短いなどという場合には、外出中のタイミングを狙って離婚相談を受けるという事もできるかと思われます。家の中から電話をする事もできるでしょう。離婚相談を利用してから無事に離婚できるまでは、少しでも相手との関係をいい状態に保つ事ができれば、話がしやすくなるという事が考えられます。

ペットがいる場合の離婚相談

夫婦でペットを飼っている場合もあるかと思われますが、どうしたらいいのかという事で離婚相談をする人もいます。ペットは世話をする必要があり、結果としてどちらかが世話をする事になります。

一人がペットを引き取りたいと思っていて、もう一人は引き取って欲しいと考えている場合には、スムーズに解決できますが、どちらも同じ意見の場合には離婚相談をするのが好ましいでしょう。

この様に気になった事は気軽に離婚相談を行う事ができます。離婚相談をするほどの事でもないと思っていても、それが原因で喧嘩となる事もある様ですので、些細な事であっても解決が難しそうな場合には、離婚相談をする様にしましょう。

子供の親権は離婚相談で

お互いの気持ちの違いから、離婚をする時に、子供の取り合いになることがあります。どちらが子供を育てて行くかを話し合うわけですが、どちらも譲らないとなれば、離婚の話も全く進まないのです。

そのために利用するのが離婚相談なのです。相談する時には、弁護士などを利用するのが良いでです。離婚弁護士と言う専門の弁護士がいますので、仲介してもらい、親権をどちらにするのか、話し合うのです。両方から話を聞き、子供が話せるくらいの年齢ならば子供にも聞き、一番良い方法を見つけ出してくれます。最終判断は夫婦が決める事ですが、離婚相談として良いアドバイスはしてもらえるのです。

離婚相談にかかる費用とは

離婚相談をしようと考えたとき、どれぐらい費用がかかるのか心配になる人も少なくないでしょう。収入がない人や少ない人でも相談できるように、自治体など主催の離婚相談も行われているので、まずは住んでいる市町村のホームページを見てみるのが良いです。

また、民間の法律事務所でも、初回の30分から1時間、無料または数千円で相談できるサービスを行っています。法律事務所では、相談した上で弁護士に依頼してくれることを期待してこのようなサービスを行っていますが、予算がなければ無料相談だけ受けさせてもらうのも一つの手です。法律事務所のホームページで情報収集して、合いそうなところに行ってみるのが良いでしょう。

浮気での離婚に関する記事