モラハラ離婚で慰謝料を請求できる

離婚時に慰謝料が請求できるのは、不倫やDVがあった場合だけに限られません。DVが不法行為になるように、精神的な暴力であるモラハラも不法行為になります。肉体的な暴力を受けた場合と同様に、損害賠償を請求することができます。

しかし、モラハラをしている人間は自分の非を認めない傾向がありますので、モラハラ離婚をするならしっかりと証拠をとっておくべきです。具体的には、モラハラを受けた日時とモラハラの内容を書いたメモ、精神病院などで医師に相談をした診断書などです。

うつ病などの精神病にかかっている場合には、高額な慰謝料をとれるケースもあります。もちろん病気にかかっていなくても被害を受けていれば請求は可能です。

モラハラ離婚の特徴について

モラハラ離婚に関する手続きをすぐに済ませたい場合には、実力のある弁護士が多数在籍している法律事務所を探すことが望ましいといえます。 最近では、人気の高い法律事務所の離婚相談の特徴について、数々の媒体で取り上げられることがありますが、将来的な負担を最小限に抑えるために、モラハラ離婚の経験者のアドバイスを参考にすることがとても有効です。

また、利便性の高い法律事務所のサービスの良しあしに関して分からないことがあれば、まずは日ごろからいろいろな立場の人のレビューに目を向けることがポイントとして挙げられます。

モラハラ離婚に関する記事