モラハラ離婚を証明する方法とは

肉体的な暴力であるDVは、離婚原因になるうえ、慰謝料も請求できます。それと同じで、言葉による精神的な暴力であるモラハラでも、離婚原因になり、なおかつ慰謝料も請求できます。どちらのケースでも、しっかりと証拠をとっておくことが必要です。

DVなら医師の診断を受けたり、警察に行って写真を撮ってもらったりすることが証拠となります。モラハラの場合には、ボイスレコーダー、日記、メモ、精神科の医師の診断書などが有効です。

うつ病などの精神病にかかっている場合には被害額が高額になりますので、かならず精神病院で診断を受けたり、相談をしておくようにしましょう。モラハラ離婚で裁判になると、モラハラを受けていたことを証明する必要があります。

モラハラ離婚と養育費の問題について

モラハラ離婚の成立までの過程については、大手の法律事務所の公式ホームページなどに掲載されることがありますが、特に養育費の受け取り方をきちんと確認することが大事です。 最近では、養育費に関する悩みを解決するために、離婚相談の機会を利用する人が増えてきており、モラハラ離婚のトラブルを避けるために、常日ごろから優秀なスタッフから助言を受けることがとてもおすすめです。

また、モラハラ離婚のリスクに関して迷っていることがある場合には、空き時間を使いつつ、大手の法律事務所の依頼者の感想をチェックすることが効果的です。

モラハラ離婚に関する記事