弁護士でなく司法書士に話せる事も

法律関連における相談といえば、弁護士というイメージが強いですが、ちょっとした事などであれば司法書士でも十分に対応できる場合があります。事務所によって価格の設定は自由に行っておりますので、いろんな場合がありますが、司法書士に相談した方が報酬は安い事もある様ですね。

司法書士でも扱えるかどうかという事はない様によりますので、司法書士の仕事の範囲というのを知っておくと、どちらに相談しないといけないのかという事は、把握できる事でしょう。

生活の中で、法律について相談しないといけない事が出てきた時には、まず司法書士に相談する事ができないかどうか、調べてみるというのもいいかと思います。

大阪司法書士会所属そとやま司法書士事務所 大阪はここ。

借金相談司法書士

借金に困ればすぐに司法書士かもしくは弁護士に相談しましょう。

借金は早期の解決が大切です。借金の問題がややこしくなりそうだという時点で、すぐに何らかの対策を行っておくと解決しやすくなります。

まだ大丈夫だ、とか何とかなるという考えでは解決するのは難しいでしょう。また、自分だけで解決するのも難しいのが借金問題の特徴です。

司法書士か弁護士の助けがあれば一気に解決に近づく事もあります。

借金問題の解決に向けて何らかの積極的なアクションをおこしましょう。

司法書士に依頼する登記や過払い

司法書士と弁護士の仕事内容が似ている部分があります。実際に司法書士と弁護士の違いをはっきりと知らない人も多い様です。

弁護士は法律の関する案件を扱う仕事を行うのがメインです。しかし、司法書士は登記や裁判所などに提出するための書類作成などを行うのがメインです。

借金問題は司法書士も弁護士も扱います。しかし、司法書士が扱う借金問題は上限金額が決まっているため、すべての案件を扱えるわけではありません。

もし、相談する際は司法書士と弁護士について確認しておいたほうが良いかもしれませんね。

司法書士に委任状

司法書士とは、裁判所や検察庁などに提出する書類の作成を業務とする国家資格で、おもに不動産の登記や民事訴訟に関する手続きをとり行います。

なお、こうした業務は依頼人の代わりとして引き受ける、代理の形態をとります。
その際に必要な書類が、委任状にあたります。
委任状とは、法律による行為に対して、相手(司法書士)に代わりとして任せる旨を書き記す書類となります。

また、委任状には代理権の有無を確かめる手段となるため、最低限書く項目が決められています。それは、委任する司法書士の名前と内容に日にちに、委任した本人の氏名と押印の5つの項目です。

弁護士に訴状事件などを依頼する場合、弁護士は職務規程により委任契約書を作成しなければなりません。

これは、事件の内容や委任の範囲、着手金や報酬などについて記載することになっています。これによって、「依頼したのに動いてくれない。」「希望する内容の判決に持っていかない。」などのトラブルを防ぐことができます。

また、弁護士側にとっては、「約束の報酬を支払ってもらえない。」などと言うトラブルを回避することができるわけです。

訴状事件などを依頼する場合には、委任契約書を作成してもらい、その内容について双方とも納得できるものであることを確認することが大切です。

司法書士を兼業することはできる?

司法書士は、不動産登記や商業登記などの登記業務や裁判書類の作成など、業務の専門性が高く、多忙なため、兼業ではスケジュールの調整や体調管理が難しくなります。そのため、多くは行政書士や税理士などの複数の資格をとり、業務の幅を広げ、収入の増加、安定を図るという形をとります。

しかしながら、登記業務は司法書士の独占業務ですし、制限はありますが弁護士と同等の業務も行えますので、専業でも十分に活躍が可能です。兼業する場合は、将来の方向性や自身の負担などを考え、必要性を理解したうえで行うことが重要だといえます。

司法書士という職業について

司法書士という職業のことを知ってはいても、具体的になにをしているのか、よくわからないという人も多いかもしれません。司法書士は土地や建物の所有権が持ち主から買い手に移る際の手続きを行うなどを業務としています。

他にも、借金を抱えている人の債務整理などの仕事があります。その中には自己破産も含まれています。自己破産は裁判所を通すことで借金をなくすことのできる制度です。もちろんメリットだけでなくデメリットもあり、ブラックリストに載る、財産没収の可能性があるなどがあります。大阪など多くの土地に事務所は存在します。

司法書士という資格と役割

司法書士とは、皆様に身近である法律家のことであり、調停、勝訴、法律の相談、企業法務などといった日常における法律に関わることをサポートしてくれる役割があります。自己破産をしてしまった場合はどうすればいいのかという質問を多く見ますが、自己破産も司法書士がサポートしてくれるので安心してください。

東京や大阪などでは有名な方も何人かいると思います。自分一人では悩まず、まずは相談して見ることが一番の解決策です。私たちの財産や権利を第一に考え、万が一トラブルになってしまっても自分の強い味方として貢献してくれます。

司法書士が行う業務とは

大阪などの大都市を中心に、司法書士が在籍する事務所や機関は数多く存在します。国家資格に基づいて、専門的な法律に関する知識を持ち、様々な相談や手続きを行います。主には、建物の登記についての事項や、供託の代理、さらに裁判所や検察庁、法務局等へ提出することが必要な書類の作成などに携わります。

専門的な知識が無い方が、事業を開く場合などにおいて困った場合、相談のみ無料で受け付けられている機関もあり、気軽に応じてもらえます。弁護士などとは業務内容が異なるため、より専門的な知識を応用しながら、一人ひとりの問題に対応してもらえます。

司法書士や税理士が出来ること

大阪には法律事務所が複数あります。法律業務を行う職種は複数ありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。まず、弁護士は法律業務に制限がないため、総合的な依頼をしたい場合はこちらが向いています。司法書士は、主に登記を行います。

認定司法書士の場合には、140万円以下の民事事件に関わることも可能です。税理士は主に税の申告に関して、行政書士は役所へ提出する書類作成、弁理士は特許申請などの際にサポートを行います。それぞれ得意としている分野が違い、弁護士以外は業務範囲が制限されていることもあるため、自分が依頼したい内容が何かを見直して、最も適したところに相談をしましょう。

司法書士と弁護士どちらに頼むべきか

大阪には法律相談所が複数あります。法律に関わる業務を行う職種はさまざまなものがありますが、どこに依頼をすればいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。そんなときは、自分の相談したい内容を一度整理してみるのが良いです。

司法書士は登記や供託のエキスパートともいえる存在です。また、法務省から認定を受けた司法書士に限り140万円以下の少額の訴訟に対応が可能です。会社の登記や相続した不動産の名義変更を頼みたい場合にはこちらに相談するのがスムーズでしょう。弁護士は法律に関する業務に制限がないため、幅広い対応が可能です。複数の案件を依頼したい場合や高額の訴訟になると予想される場合には弁護士に依頼しましょう。

司法書士になるにはどうしたらいいか

商業登記、不動産登記や供託、裁判事務およびそれらに関する法律相談をすることができる国家資格を司法書士とよびます。学歴や年齢は関係なく受けられる国家資格ですが、多くの人が大学に通いながら猛勉強をして資格の取得を目指しています。

関西の大学で司法書士の資格の目指す場合、近畿大学、大阪経済法科大学、立命館大学、関西大学などに通うのが一般的ですが、合格率は3パーセントとかなり低いため途中で挫折して諦めてしまう人も多いようです。しかし平均年収は中企業勤務で640万円とかなり高額なため学生たちの憧れの職業というのもうなずけます。

司法書士 は身近な存在です

大阪 では、無料で相談に乗ってくれる司法書士がたくさんいます。弁護士に相談する時よりも身構えることなく、気軽に頼れる存在なのです。弁護士に比べれば、司法書士として出来る事には制限があるとは思いますが、普段暮らしている中での悩みは、ほとんどが民事な事にとどまるので、とりたてて不足はありません。

相続や遺言書き方の相談、不動産の登記や名義変更、あいまいになってしまった土地の境界を明確にするための筆界特定手続きや、納得できない家賃の値上げの時の供託手続き、過払い金の請求や債務整理、自己破産など、相談できることがたくさんあります。

司法書士に関する記事