浮気離婚で慰謝料をとるには証拠が必要

浮気離婚で慰謝料をとるには、証拠が必要になります。浮気相手は赤の他人ですので、証拠もないのに不倫の事実を指摘してしまうと、逆に損害賠償請求をされてしまう可能性もあります。

一般的には探偵に依頼をすることになりますが、浮気の曜日や時間を特定しておくことで費用が節約できることもあるので、自分でできることはしておくべきでしょう。

しかし、違法な手段を使ってしまうと逆に訴えられたり裁判で不利になってしまうこともあるので、浮気相手の車に盗聴器をしかけるといった違法な手段は使わないようにしましょう。尾行も素人では難しいので、探偵に依頼をすることが無難です。

浮気離婚慰謝料の請求には事実の証明が重要

近年では離婚するカップルが昔よりもかなり多くなっており、その原因としては性格の不一致が多いのですが、配偶者の浮気もまた主な原因の一つと言えます。この場合に浮気をされた側としては、浮気離婚慰謝料の請求を求めたいものですが、その場合には浮気と言う事実を立証するための証拠が重要な意味を持ってきます。

浮気離婚慰謝料の請求に重要となる事実としては、婚姻関係を継続しがたいと言えるほどの不貞行為がなされたということが重要なので、その存在を証明できる証拠を入手しておくのです。例えば配偶者の携帯電話のメール、ホテルの領収書、浮気相手と親しげにしている写真などが証拠になります。

浮気での離婚に関する記事