多重債務であっても可能な過払い請求

さまざまな場所で借り入れをしてしまった人は、多重債務になってしまっていますので、毎月の返済にも苦労していることが予想されます。そのような債務者にとっては、お金は非常に大切なものでしょう。お金が必要であれば、過払い請求をおこなってみるのはどうですか?

過払い請求に関しては、過去に支払った借金が対象となりますが、万が一、該当されているようであれば、お金を取り戻すことも可能でしょう。お金を取り戻すにあったってまずは調査が必要ですが、弁護士が確実におこなってくださいますので、結果に基づいて動くことができるでしょう。

多重債務で役に立つ過払い請求について

最初は1社からお金を借ります。返済期限が来ても返すお金が用意できずに、新しく2社目と取引をはじめる事になります。借金を返す為の借金です。このように2社以上の貸金業者から借金している人を多重債務者といいます。

このまま無理をしていれば、3社目の貸金業者と取引がはじまる日も近いです。過払い請求は借金を返し終えた人が、貸金業者に払いすぎたお金を取り戻す事ですが、現在貸金業者と取引中で返済に途中の人が過払い請求をすれば債務整理になります。借金から払いすぎた分のお金を差し引いて引き算したお金だけを返します。

多重債務者に多い過払い請求

多重債務を抱えている方でも、最初は1万円か2万円の少額の借金から始まっているケースが多いといわれています。ほんの少しだけ借りたつもりでも、1年経つと100万円以上に膨れ上がってしまうのです。

きちんと返しているのにどんどん増えていくという方には、借金の見直しをおこなうことをおすすめします。多くの方は過払い金が発生しているからです。過払い請求をおこなうと、これまで支払っていたお金が手元に返ってきます。交渉次第で、全額取り戻せるのか、少ししか取り戻せないのかが決まります。まずは、知識と経験が豊富な弁護士に、相談に乗ってもらいましょう。

多重債務者は過払い請求で取り立てが止まります

多重債務は、2社以上の貸金業者から借金がある人を言います。最初に借りた貸金業者への返済するお金が用意できずに、他の貸金業者からお金を借りて返済する事で、取引する貸金業者が増えていきます。1社でも返せない場合の取り立ては厳しいですが、何社からも借りていれば利子をいくら払っても元金は減らない状況です。

過払い請求は取引途中であれば債務整理になります。個人で貸金業者と交渉するのは困難です。弁護士に依頼して受諾されれば、貸金業者の取り立ては止まります。それだけでも精神的にかなり楽になります。任意整理は払い過ぎたお金を、借金から引き算してゼロになると、ブラックリストに載りません。

過払い請求の相談を大阪、京都、神戸でするなら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

大阪、京都、神戸で過払い、債務整理に関する記事