法律事務所における司法書士の仕事

弁護士も司法書士も在籍している法律事務所というのも存在します。その様な法律事務所の中における司法書士の仕事というのは、登記など弁護士と比較した場合に司法書士の方が得意としている問題を扱う事が多いみたいですね。

また、顧客としては、弁護士も司法書士もいる法律事務所に相談した方が、必要に合わせて弁護士が仕事をしてくれたり、もしくは司法書士が仕事をしてくたりする事もあるかと思います。

司法書士だけでは手に負えない事などは弁護士が仕事をしてくれたりする事もあるでしょう。柔軟に仕事をしてくれる場合もあるみたいですね。どちらに相談すべきかという事が曖昧な場合には、この様な法律事務所もいいかもしれません。

司法書士に相談して状況を改善できる場合

司法書士に借金相談をしても、解決のためにしてもらうことは限られています。その理由は、本来は登記の申請をするのが仕事であるため、弁護士のようにあらゆることを扱えないからです。

ただし、一部は扱うことができるため、借金が返済できない状況を解決できることがあります。その一つが過払い金の返還です。現在債務があっても、グレーゾーン金利時代から借り入れをしている方の場合、過払いが発生していることがあります。

これの返還を求めることで、現在の債務を減らしたりゼロにできる事もあります。司法書士は、額が140万円未満で認定を受けていれば、この手続きを代行することができます。

司法書士に関する記事