個人間の借金相談も司法書士が便利

借金相談と言うと、対銀行や消費者金融などのケースが一般的に連想されてしまいますが、個人間の金銭貸借における問題解決もあります。企業を相手にしない場合、普通は話し合いで和解するケースになる可能性が高いのですが、中には裁判沙汰になることも当然あり得ます。

その際、何かと便利だからと言った理由で弁護士に依頼してしまうと、勝訴したはいいものの手元に殆どお金が残らなかったという事になる可能性もある為、より負担が少ない司法書士に依頼する方法がおすすめです。司法書士は主に書類の作成が主ですが、認定を受けてさえいれば140万円以下の借金訴訟の代理人となることができます。

借金相談では過去、現在のローンすべてに対応

借金で苦しんでいるとお金を返済することばかり考えてしまい、精神的にも追い込まれ、何も手が付けられなくなったり、健康への影響、周囲にも迷惑をかけてしまうことが大変多くなってしまいます。素晴らしい人生を送るにあたっては借金はマイナス要素となりますから、借金相談を利用して苦しみから解放されることをおすすめします。

借金相談できる機関というのは自治体が提供しているもの、民間の法律事務所等がありますが、多重債務やローンで苦しんでいる人の人生を立て直すために各種ケースに合わせた債務整理の方法を教えてくれたり、実際に手続きを行ってくれるのです。またかつて利息制限法で定められた数値以上の金利でカードローンを利用していた場合、払い過ぎた過払い金利が返ってくることもあるので、現在だけでなくかつて借金していた方であっても相談するメリットはあるのです。

司法書士に関する記事