司法書士は日常に起こるトラブルを解決

司法書士は日常に起こる小さい事など非常に多くの問題を扱っています。

日常生活で、トラブルに巻き込まれてしまう事もあるでしょう。そんな時には司法書士はとても有り難い存在となります。

法律の知識がない人が、自分たちで問題を解決へと導くのは難しいばかりか、逆に問題がややこしくなる事もあります。問題がやっかいになりそうだと感じた時には、すぐさま司法書士に相談する事を検討してみてはどうでしょうか。

法的な解決を試みる事ですんなりと解決できるかもしれません。

司法書士の個人再生のサービス

個人再生の手続きの取り方について知りたいことがある場合には、ベテランの司法書士が在籍している事務所の最新のサービスの良しあしをチェックすることが良いでしょう。

とりわけ、大阪の繁華街においては、実績のあるスタッフがそろっている法律事務所が増えてきており、借金相談をしたい場合には、きちんと依頼先の選び方にこだわることが大事です。

司法書士の過払い金の成功事例に関しては、しばしば大手の情報誌などで紹介されることがありますが、将来的なトラブルを回避するために、信頼のできるスタッフと話し合いをすることが肝心です。

合格者が増える傾向にある司法書士

毎年の司法書士試験の合格者のデータを見てみると、その人数は増え続けています。

現在、司法書士の合否に用いられているのは相対的な制度です。受験者数が増えると、合格者数も同時に増える様になっています。

ここ数年では900人以上の人が毎年合格しています。しかし、この数字は受験する人の数を考慮すると決して多いとは言えません。合格率はたったの数パーセントであり、この数字は昔に比べると若干アップしていますが、それでも決して高い数字だとはいえないでしょう。

このシステムでは、試験がある年だけ難しく一定の点数に届いていなくても、合格率が変動する事はありません。しかし、難関である事に違いはありません。

司法書士の必要書類について

過払い金に関する相談をしたい場合には、司法書士の経験年数や実績の有無などをじっくりと確認することが求められます。 現在のところ、大阪の都市部において、借金相談を専門としている法律事務所が増えてきており、早いうちから必要な書類を集めることによって、何時でも落ち着いて行動をすることが可能です。

司法書士の対応の仕方については、それぞれの事務所の経営方針や担当者の判断によって、大きな差が出ることがありますが、前もって報酬額の見積りをお願いすることで、将来的に家計の負担を最小限に抑えることができるといわれています。

司法書士と法律事務所の違いは

法律事務所に所属している弁護士は、法律に関する業務をすべて扱うことができますが、一方で司法書士は法律で定められた分野や、範囲のみを扱うことが出来ます。この制度は、法律事務所では目が届かない部分を補完する役割を持っています。

基本的に登録、供託を扱う資格です。しかし弁護士人口の不足を解消するために、法務省の許可を受けると認定司法書士として活動することができ、その範囲内であれば、紛争解決業務を扱うことが出来ます。弁護士ではないので、扱える範囲は紛争の目的物が140万円以下の裁判に限られています。それを超えると、弁護士にしか扱えないようになっており、弁護士との差を明確にしています。

法律事務所と司法書士事務所のどちらにするかについて

法律事務所と事務所の両者において、実は共通している業務内容もあります。それは、債務整理における請求業務になります。以前は、債務整理の請求業務をおこなうことはできませんでした。しかしながら、人数の不足を考慮し、認定した司法書士にそのような資格が持てるようになりました。

法律にのっとっておこなう業務となりますので、多くの制限がともないますが、一つの仕事としてしっかりと行うことが可能です。どちらに依頼するかについては、費用をおさえたいなら司法書士ですし、より専門性を求める際には弁護士に依頼することです。

大阪司法書士会

HP

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

司法書士に関する記事