着手金不要の大阪で活躍する司法書士

基本的に法律相談を利用する時には、最初に着手金を支払う必要があります。しかし、大阪で活躍する司法書士の中には着手金不要としている事もあります。ぜひ大阪で活躍する司法書士に相談して、解決したいという場合でも、いきなり着手金が必要となると、利用しにくく感じられる事もありますが、着手金が必要ないとなれば、かなり利用しやすくなる事もあります。

大阪で活躍する司法書士の中から、利用しやすいと思う人を自由に自分で選ぶ事ができます。大阪では多くの司法書士が活躍していますので、利用しやすい様にできるだけ低コストでサービスを提供している人もいます。大阪の司法書士に相談する際には、支払うコストの総額で考えましょう。

土日の対応を行う大阪の司法書士

どんなライフスタイルの人でも、大阪の司法書士を利用しやすい様にするため、土日の対応を行っている人もいます。仕事が休みの日に大阪の司法書士を訪れて相談をする事ができます。忙しくても大阪の司法書士に相談する事ができます。

法律相談を受けるなら、少しでも早い方がいい場合もあるでしょう。大阪の司法書士に相談する時には、事前に予約をしておかないと行けませんので注意しましょう。大阪の司法書士に相談するには、自分と法律家の都合がいい時を選ぶ必要があります。事前に打ち合わせを行っておきましょう。何度も事務所にいく必要はなく、簡単な連絡程度であれば、メールや電話で行われる事もあります。

司法書士を探すには?

テレビCMなどで目にする機会が増えた司法書士ですが、いざ相談するとなると、なかなかいい探し方がわからないもの。事務所に電話したり、直接出向くのは、敷居が高いという人も多いのではないでしょうか。

そんなときは、大阪や東京など日本全国に多数ある、司法書士会のホームページが役に立ちます。登録されている司法書士を検索できるシステムがあり、住所や取扱業務など、それぞれの都合にあわせて探すことができます。個人で探すよりも信頼性が高く、情報量も多いので、相談するのが初めての人や慎重に比較検討したい人も安心です。

司法書士と行政書士のそれぞれの業務内容は?

遺言書の作成や遺産分割協議書の作成などはどちらも行うことができますが、司法書士は法務省が管轄していて、行政書士は総務省が管轄しているため、業務内容には明確な違いがあります。

例えば司法書士は不動産や商業登記といった裁判所に提出しなければならない書類の作成をしますが、行政書士は建設業や飲食店のの営業許可といった市町村に提出する許認可書類の作成に携わります。両方とも書類を作成するといった点では同じなため、具体的な仕事の違いを把握している人は少ないかもしれませんが、管轄が違うため業務内容も変わってきているということです。

司法書士に関する記事